私たちの身近なコンタクトレンズ・カラコンの使用感改善

今やコンタクトレンズ・カラコンはただの眼鏡としての役割だけでなく、ファッションの一部という立場をも持つようになり、コンタクトレンズ・カラコンを使用したことがあるという人は多くいるだろう。それだけに、種類も多種多様であり、また入手方法も専門店以外でもバラエティショップやインターネット等でも購入することが出来る。身近な存在となったコンタクトレンズやカラコンは見た目も然ることながら、現在では使用感についても色々な工夫が凝らされていたりする。例えば潤い感である。コンタクトレンズを使用した時に目が乾燥するといった使用感をもつことは希ではない。こういった不快感を解消するために潤い成分を多く含んだ商品も発売されている。しかし、根本的な部分の見直しで改善されることも多くある。そもそもコンタクトレンズというのは眼球の上にレンズを乗せるため、レンズと眼球との間に行き渡る涙が十分でなかったり、眼球とまぶたとの間に生じる摩擦が原因でこういった不快感を感じることがあるのだ。レンズと眼球の間に行き渡る涙が不十分であると、涙の中に含まれる酸素によって呼吸をしている眼球は酸欠状態となり、トラブルの原因にもなる。こういったことを防ぐには、使用期限を守ること、コンタクトレンズやカラコンを付けたまま寝たりせずにきちんとしたケアを行うことが大切である。

使用感の良いコンタクトレンズ・カラコンとは

今や視力矯正のためだけでなくファッションとしても当たり前になってきているコンタクトレンズ・カラコンの着用。コンタクトレンズ・カラコンを使用するにあたり「使用感が良い」というのは購入するにあたり大変重要なポイントとなってきます。今まで多数のコンタクトレンズ・カラコンを使用してきてまず感じることは、レンズの厚さが使用感を大きく左右するということです。特にカラコンの場合は、着色された部分をサンドイッチするようにはさむので必然的にレンズの厚さが増してしまうことがあります。よく製品情報や口コミを読むなどして購入前に吟味することをおすすめします。また、着色部が直接眼球にあたるタイプもあり、これは視力の低下などに繋がったり徐々に着色部がうすくなったりしますので製品自体が薄くても問題が生じます。次に、たんぱく質が付着していると使用感がかなり落ちますのできちんと洗浄し、手入れすることは必須となります。(これは目の感染を予防したり視力の低下を防ぐことにもつながっていきます。)やや高めではありますがたんぱく質分解作用のある薬剤が市販されていますので、洗浄・保存液と併用して使用することをおすすめします。快適なコンタクトライフを送りましょう。